« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006.07.30

ゴミを減らそう!!

G2006729_1 しゃん珈琲では先月から 「エコ割引」をはじめました。コーヒー豆の入る容器持参で100gに付き20円を割り引きしております。思っていたよりも多くのお客様に、ご協力いただいております。コーヒーの豆袋1枚ですが、これを10年、20年と続けるともの凄い量のゴミの減量になりますよね!当店で使用している透明の豆袋でも4~5回は使えます。ビンでも缶でも他社の容器でも何でも構いませんので、良かったらご持参ください。※ボトルアイスコーヒーの空容器を持ってきて下さるお客様も7割を超えました!ご協力ありがとうございます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.27

涼しぃ~

G2006727 一年を通して同じ冷気が吹き出す『風穴』。場所は東温市の上林(かんばやし)の山の中腹です。週末、そうめん流しをしていると聞いて行ってきました。しかし着いてビックリ!すごい人・人・人!「そうめん流し」を待つ人の多さに、断念してしまいました・・・。ついひと月前に来た時は、車も殆んど居なかったのに・・・(そうめん流しも整備中でした)。その代わり、この日も暑かったので、思いっっきり涼んで帰りました。夏の終わりまでには、食べれるかなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.25

cafe FK at 木村家

G2006725image1 いよいよ今週の日曜日、三津の木村家ではカフェと写真展のイベントが行われます。カフェについては、松山東雲短大のcafe FK(カフェ・フーカ)と三津のカフェフロアのメンバーがアイスコーヒー、アイスカフェオレ、かき氷、ところてん等のメニューで出店。そして一緒に、「菅原千穂のはりあなへんろ道」と題した写真展も開催されます。FM愛媛のアナウンサーの菅原千穂さんがはりあな(ピンホール)カメラで撮影した四国八十八ヶ所の写真が展示されるそうです。空き缶で作った小さな穴からのぞいたモノクロの世界・・木村家のあの雰囲気とよく合いそうで楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.24

夏野菜

G2006722_1  奥さんの実家の畑では夏野菜の収穫が始まったみたいです。りっぱな茄子!茄子の表面に出来る白いキズって、なんで出来るのか知ってました?風雨や日照、水や肥料の影響では無いそうです。実が大きくなる前の花の段階で虫が花の中へ入って付けたキズが、後に大きく白い筋となって表れるのだそうです。スーパーに並ぶツヤツヤの茄子を作るには、化学農薬を散布し、虫の発生を抑えなければなりません。農薬ではなく害虫を食べる昆虫達(天敵)に働いてもらう「天敵農法」もあるそうです。よし!この夏はこれらを見分けられる男になってみよう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.14

別世界・・・愛媛の避暑地

G2006793この前のお休みは、大野ヶ原へドライブ。「手作りスィーツが美味しい」とお客様に聞いていた『ペンションもみの木』に寄ってみました。絞りたての牛乳に自家製チーズケーキや抹茶のロールケーキ♪本物の自家製の味に大満足!隣にあるマザーグース牧場ではポニーや山羊たちと遊べます。四国カルストの雄大な景色や高山植物には癒されますね。特に暑くなりそうなこの夏・・・愛媛の避暑地、大野ヶ原はお勧めのドライブスポットです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.03

イチゴのかき氷

G200672_1 今治にある 『登泉堂』に行ってきました。ここのイチゴのかき氷、なあ~んせ美味しいんデス!写真はイチゴミルクです。お盆前には売り切れるらしい・・。早いうちにもう一回行こ♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.07.01

『オレンジリキュールのアイスコーヒー』

G20066303 アイスコーヒーのテイクアウトとして始めたボトルアイスコーヒー(1ℓボトル1本500円)が好評!そして嬉しいことに皆様、ペットボトルをきれいに洗って持参してくれます。しゃん珈琲ではペットボトルを持ってきて頂いたお客様にはボトル代(1ℓボトルで80円)を差し引いて販売しております。写真は後味が爽やかな『オレンジのリキュールのアイスコーヒー』です。濃い目に淹れたアイスコーヒーにホワイトキュラソー少々(5cc位)とガムシロ適量、フレッシュを浮かべてナツメグを軽く振ってます。たまには、アイスコーヒーをアレンジして飲むのも楽しいですよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »