« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006.11.30

飾りつけ♪

G20061130 クリスマス★の季節ですね。『クリスマス』とはチョット縁遠いうちのお店も、毎年少しだけ飾ってます。チョット淋しいので、少し飾りを増やしたいなぁ・・・、と考え中(遅い??)デス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.29

暖房いらず

G20061129 エアコンは送風で、昼間の店内温度はいつもこれ位です。今の時期、焙煎4、5本目になると30度を軽く超えてます。シャン・シャンと回る焙煎機の音と、このポカポカの室温が心地良いんですね~。冷房のシーズンは弱りますが、冬場は最高の豆屋です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.28

シクラメン

G20061128 最近、花屋さんなどで元気に咲いているシクラメン。なんで店のは咲かないんやろう・・・?水のやり過ぎ?肥料が足りない??と葉っぱをめくってみると、いーーっぱいつぼみがありました!!どうやら、コレは白い花が咲くみたいです。もうすぐ綺麗な花が見れそう♪ヨカッタ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.27

原木なめこ

G20061127_2 「味くらべしてみ~!」と頂いたなめこ・・・。いつもスーパーで見る物と違って傘が開き、デカ★どちらも原木栽培(愛媛 内子産)。原木栽培の物は一般的な菌床の物に比べ、肉厚で香りも濃厚なんだって。楽しみ~!早速、なめこタップリのなめこ汁にして頂きました。ヌルっとした食感とサクサクの歯ごたえが美味しい~。やっぱり味覚の秋♪シアワセ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.26

海王丸

G20061126 世界最大級の練習帆船「海王丸」が高浜に初寄港だそうです。全長110メートル、メーンマストは水面から50メートル、帆を広げると広さ1673畳もあるそうです!あいにくの天気で船内の見学は中止になり、残念・・。明後日28日まではイルミネーションでライトアップしてるそうですよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.25

豊島家住宅の一般公開

G20061125 「晋ちゃんまんじゅう」なる物を食べました。黒ゴマのこし餡をきな粉の風味の薄皮で包んであります。ワイドショーなんかで結構話題になったそうですが、全然知りませんでした・・。そんな私の所まで届くこの饅頭、相当売れてるのかも?さてさて、明日、11/26(日)は「豊島家住宅の一般公開日」です。今回もコーヒーを販売されるとの事で、「東雲ブレンド」を用意させて頂きました。ただ、お天気がちょっと悪そうですね・・。晴れて~!と願いながら、「晋ちゃんまんじゅう」をパクリッ。ちょっと甘いかな★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.24

嬉野温泉名物

G20061124 「温泉とうふ」なるものを近所のスーパーで発見!なんと「温泉とうふ用調理水」なるものが別売りであり、作り方がコピーして置いてあります。「やわやわと淡雪のようにやさしい口溶け」との見出しに期待に胸を弾ませ、早速やってみました。

G200611242 不思議~!豆腐の表面が溶けていき、水が白濁していきます。まるで豆乳鍋のようです。期待通り、口当たりの柔らかなトロけるような食感の豆腐がなかなかでした。今度は嬉野温泉で食べてみよう・・ってどこの温泉だったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.23

初心忘るべからず

G20061123 急に冷え込みが厳しいですね。外は雨風が強く,木の葉が舞ってます。そんな中、ハンドピック中に乾燥したコーヒーの葉を発見!秋ですね~。さてさて、今週末11/26(日)に「豊島家住宅」が一般公開されます。そこでまた暖かいコーヒーを販売するそうで、今日は当日のカフェ担当メンバーとコーヒー抽出の勉強会。基本からみっちり3時間。うーん、作り手の気持ちが味に表れるのがコーヒーの怖いところ・・。常に初心忘るべからずですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.22

コッヒイ・コーピ・珈琲

今日のお昼の事、お客様があの紙袋!と指差されました。そういえば、お店の棚に東京の名店、吉祥寺「もか」の紙袋を飾ってました。この袋には奥山儀八郎氏の版画「こうひい異名熟字一覧」がプリントされ、様々なコーヒーの当て字が紹介されてます。当て字だけでなく、登場する書物や著者まで出てきます。結構な数があるのですが、そんな中、青地林宗(あおち りんそう1775~1833)という人物に注目!この人が当てたコーヒーの字は「哥喜」。お客様曰く、この方、なんと松山出身の蘭学者だそうです。杉田玄白の門下生として西洋医学を学び、著書の『気海観瀾』は、日本で初めての物理学書らしいですよ。へー、地元愛媛にこんな偉人がおったとは!そしてコーヒーとの接点があるとは嬉しいですね~★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.21

ちょいエコおやじ

G20061121今日の新聞で知りました。「ちょいエコおやじ」なる言葉があり、それを推す雑誌が出てるそうで・・。休日には家族を連れて自然の中で過ごし、夜空を眺めて子供に星座の名前を教えてあげる・・ってな事が書いてあったかな?リッチで秘密めいた「ちょい悪おやじ」から、さりげなく優しい「ちょいエコおやじ」へのバトンタッチ。これがうまくいったら環境問題から、イジメ、過疎化、小子化・・いろんな問題がぶっ飛びっそうですね~。私の周りには「超エコおやじ」は多いんですがね~・・・。※写真のケーキは「パティスリーChouChou(シュシュ) 」さんのケーキです。先日お客様に紹介頂き、伺ったたのですが評判通りで美味しかったです★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.20

カップにセットするコーヒー

G20061120 近年、家庭向けのレギュラーコーヒー豆の中でも、カップの上にセットし、お湯を注ぐタイプのカセットコーヒーの比率が増しているそうです。「少量、豆のまま買って帰り、淹れる前にミルで挽く」には敵いませんが、挽いてしまう場合は、カセットタイプの方が味・風味の持ちが良いです。一個ずつの包装で其々に、脱酸素材が入っているのがその理由です。しゃん珈琲でも販売していますが、カセットタイプのコーヒーだけを買われる方は僅かで、家庭用には豆、職場や、友人へのお土産用などにはドリップパックといった風に、使い分けておられます。そうそう!これからのお歳暮シーズン、コーヒーギフトなら器具要らずのドリップパックのギフトセットは最適です。当店の場合、ギフトに関しては、8割くらいはこのカセットタイプが占めてます。その都度ご注文を頂いてから煎りたての豆を一個ずつ手詰めしますので、鮮度、香味の良さは抜群です。お店から全国発送しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。 

自焙煎豆売 しゃん珈琲http://homepage3.nifty.com/shan-coffee/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.11.19

朝からロック

G20061119 毎朝ロックで♪いえいえ、この夏から続けていることがあります。実は、お酢ドリンクを飲んでます。お酢が体に良いのは知っていましたが、内臓脂肪を減らしてくれるとの事を知り、毎日飲み始めました。2ヶ月が過ぎた頃からなんとなくおなか周りがスッキリ?してきたような・・・。気が付けば夏バテも無く過ぎていました。寒くなってきて、サボリ気味になっていると肩こりが!?気のせいかも知れませんが、いろいろと体調が良いみたいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.18

田舎の豆腐

G20061118_1 今日はお気に入りの豆腐を紹介します。「たかすかの豆腐」です。松山市内の方は知らないだろーなー・・・。東温市(旧川内町)の小さなスーパーに売ってます。大豆の味もしっかりとしており、上品なお味。毎日食べても飽きません。(子供の頃からず~っとこの豆腐で育った方を知ってます)この豆腐、一丁いくらだと思います?この美味しさで、ビックリの安さですよ!さー、明日は鍋にしよッ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.17

コーヒー雑貨

G20061117 しゃん珈琲で取扱い中のガラス製のキャニスターが4種類のご紹介です。お客様からの要望で、クアトロスタジオー二の大きいサイズを一品追加。そして新たに、「フィドブルートップ」も入荷しました。真っ白なパッキンとブルーの蓋が洒落てます。全て、ボルミオリロッコ社というイタリアのガラスメーカーの製品です。ホームページでの販売もしております★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.16

生豆にあずき

G20061116 ハンドピックをしていて面白いのは、予想もしない物が入っていたりする事。それぞれにお国柄が出るんですね~!ケニア、インドネシアの釘などはちょっとレア?最近入荷のホンジュラス オコティージョ農園、この豆には何故だか小豆が入ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.15

香り高いコーヒーって?

「香りの高いコーヒー豆をちょうだい」と言われます。さらに続けて、「挽いといて!」と言われると、これは難題です。コーヒーが一番香りを出すのは挽いた時なんです。更には、焙煎して4~5日目が豆本来の香りを最大に発揮しているので、その頃に挽くと最高の香りが出ます。更に細かい事ですが、ティピカやブルボンなどの在来品種で高地産のもの(適正に栽培・精製された良品)は良い香りの成分を多く含んでいます。そして更に言うと、収穫したてのニュークロップ(お米でいう新米)で保存・管理状態の良い豆は香味が劣化しておらず、良い香りを放ちます。と、色々と並べましたが、これらの事で香り高いコーヒーを楽しむ為の豆の買い方が解かります。①質の高い高地産の豆でニュークロップ。②豆のまま購入し、淹れる前に挽く。③焙煎したてのものを1週間~10日くらいで使いきれる量を購入する等です。豆本来の個性豊かな香り高いコーヒーを楽しむには、焙煎や抽出のテクニック以前に、豆との付き合い方(選び方や買い方や保存方法)が一番大切ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.14

てんとう虫の赤ちゃん

G200611142_2 ふと、見つけました。何にくっついて来たのでしょうか?カウンターをてんとう虫の赤ちゃんが歩いてます。てんとう虫も生まれたては小さいんですね~。

G200611141

あちこちと動き回り、落ち着かない様子なので・・。

お店の玄関先にあるラベンダーに移してあげました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.13

陶 平井秀和展

G200611131 お客様より、陶芸展のご案内を頂きましたので紹介します。

G200611132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.12

紅玉りんごのタルト

G20061112 高知ジョエルさんのお菓子を目当てに松山三越へ行って来ました。何とかお目当てを買え、マスターともお話出来良かった!手前のが紅玉りんごのタルトです。あんな風に大胆にりんごがカットされて乗ってるんですね~。初めて体験する味でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.11

土曜日は・・

G20061111 昨日、夜中に降ったヒョウ、凄かったですね~。屋根、大丈夫?ってなくらいの大きな音。外を見ると道路は真っ白に・・。お客様の話に聞いたところでは、小指の先くらいの大きなのが降っていたらしいですよ。さて今日は土曜日。カラっと晴れたり、ザーっと降ったりの変なお天気ですが、定休日前の土曜日には必ず洗っておかねばならぬ物があります。これが汚れていると豆屋にとっては一大事です。さて、何だか解かりますでしょ~か?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.11.10

瓶が届いた。

G20061110_1 エコ割を始めて5ヶ月余り経ったでしょうか、少しずつ利用して頂くお客様も増え、嬉しいです。このサービスの目的はエコ!ですね。ゴミとして無駄に捨てられる袋は無いほうが良い!始めて半年足らずですが、色々な容器や袋にお目にかかれ楽しい毎日です。ステンのカッコイイやつ、10年以上使い込まれたパイレックス、アンティークっぽいガラス瓶、タッパーやジッパーの袋・・他にもいろいろあります。どんな物でも構いません、封が出来ればOKなんです。しゃん珈琲でも以前からずっと、豆の入る容器を探しておりました・・。今日届いたガラス瓶のキャニスターはイタリア製。サイズは2種類(300mlは豆100g・500mlは豆150g)です。デザインは違いますが、もう一種類近日入荷予定です。こちらは、コーヒー豆が200g~300g入るサイズです。お楽しみに★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.11.09

高知のJOELさん

今週末の11月11日(土)から5日間、高知のJOELさんが松山三越に来られます♪マロンパイ、スイートポテト、紅玉リンゴのパイは焼きながらの実演販売ということなので、焼き立てに出会えるかも♪絶品のシフォンケーキもいろいろあるし・・・。またまた体重計が怖い一週間がやって来る~。と言いながらも、未体験のスイートポテトに紅玉リンゴのパイ、必ずゲットしなければ!と思ってしまう・・・。JOELさんの作るスウィーツは間違いないものばかり。毎回、楽しみです★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.08

大連からのコーヒー豆

G2006118 このラベルのコーヒー、ご存知の方は凄い!中国、大連にある「I55 Coffee Stop」というお店の豆。ラベルの絵柄にあるようにブラジルの豆。日本ではあまり珍しくなく、ひと昔前の感のあるいわゆる「サントス」です。豆の状態は浅い豆、焦げた豆ときれいでは無いのですが、なんとも良く膨らみ、そして味も以外に悪くない。これを現地の大連で飲まれたお客様の話には、「お店での味は・・」との事でした。淹れ方はハンドドリップ、そしてこの新鮮な豆・・とくると、やはり問題は水でしょうか?軟水になっていないのかもしれないですね~。価格はストレートコーヒー1杯が約12元くらい~との事です。ちなみに、現地のランチの金額は一般的に、約1元だそうです。驚きですね★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.07

豆のキャニスター

G2006117_1 今日は「立冬」愛媛は急な冷え込みです。こんな日の焙煎は、何故だか上手くやってやろうと気合が入ります。ちゃっ、ちゃっ、ちゃと調子良く回る焙煎機を睨み付けていると、異常です!170度くらでハゼるんです。いつもより10度も早い。よくよく考えると昨日、温度計を引き抜き、先にこびり付いた煤を取りました。その後なんと、温度計をキッチリ差し込んでない。パニックを抑えつつ、音と感覚で煎り上げましが、何ともお恥ずかしいミスです。日頃、いかに温度計を頼りに機械的に焙煎してたのでしょう・・。「もっと豆をみて焙煎しなければ」と考えさせられるるミスでした。長~い前置きの後に宣伝です。イタリア製ガラス密閉容器クワトロスタジオーニキャニスター500ml・300mlを近日入荷します。ちょっとアンティークっぽいガラス瓶が豆の保存に可愛いです。ネット販売もしますのでお楽しみに♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.11.06

チビ麻袋

G2006116_1 こんな小さな麻袋でやって来る豆もあるんですよ。枕にちょうど良いサイズ?30分も経たず、2袋ハンドピックできました。明日焼いてみます♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.11.05

カフェめぐり

G2006115西条市周布にある 「branch coffee」さんへ行って来ました。駐車場は広々で、洒落た作り、明るい雰囲気のお店。コーヒーはブランチブレンドと深煎りブレンドを頂きました。どちらも調和のとれた美味しいコーヒーでした。家へ帰っても試してみよう!と豆も買って帰りました。そこを出て走ること5分、「ポプラ館」へ到着。ここはよく行くコーヒー専門店。マスターは店を出す前からの友人で修行先も一緒です。彼がこのまま焙煎方法と抽出方法を守り続けると、今は無き横浜厚木の「ポプラ館」直系のお店の一つとして残るのか?・・そうするとかなり貴重ですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.04

枝豆とコーヒー

G2006114_1 宮城県地方で有名な「ずんだ餅」を頂きました。枝豆を打つ「豆打(ずだ)」が訛って「ずんだ」となったそうです。その昔・・仙台藩祖、伊達政宗公が藩内の農地開墾の巡視のおりに訪問先の村で差し出された餅をたいそう気に入り、これを『仙台藩豆打餅』と名付け、藩内に広めたそうです!・・ほほー、枝豆の栽培といえば、豊かな土地で無く、少し枯れた土地が合っていると聞いた事があるのですが・・。いやーこの枝豆の風味とほのかな甘味、これはクセになりそうです。このずんだ餅と合うコーヒーはどんなのでしょう?柔らかい口当たりのブラジルのウォッシュトを粗挽きでサッと軽めに淹れるってあたりでしょうか。うーん、やっぱり熱い日本茶が一番ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.03

大野ヶ原の大根「鞍馬」

G2006113 愛媛の大野ヶ原で栽培される大根は味が良く有名ですね。今年も大野ヶ原大根の中でも本命の品種「鞍馬」を頂きました。昨年以上の出来らしく、手に持った瞬間分かります・・ってのは冗談ですが、甘味が詰った感じでズッシリとした重量感。早速、家に帰り、カプリッとかじると、何とも甘く、ジューシーです。野菜というよりフルーツ?出来の悪い梨なんかだと甘味で完全に負けちゃってますね~!今日は採り立ちをそのまんま生で堪能しました。明日は煮物?大根葉の油炒め?楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.02

三姉妹展

G2006112

佇む(油彩画)

お客様より個展のご案内をいただきました。

~深まりゆく秋の日々に~「皮工芸・洋画・日本画 三姉妹展」

日時 2006年11月2日[木]~7日[火]

時間 am.11:00~pm7:00(最終日pm.5:00)

場所 ギャラリーリブ・アート http://www.h3.dion.ne.jp/~live-art

ご案内のカードをお預かりしております。

お気軽にお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.01

中米豆2品のサンプルロースト

G2006111 久々に手網サンプル焙煎です。先日紹介したホンジュラスのパーカス種。豆の形状がブルボン種に似て丸いため非常に火を通しやすく感じました。写真左側が「ホンジュラス エル・オコティージョ農園」のシティーロースト。数時間後、豆からは何とも言えぬフルーティーな甘い香りが立ち、明日から味をみるのが楽しみです。ちなみに写真右のは、中米ドミニカの豆でティピカ種のハイロースト。こちらも、豆の見た目や欠点の少なさ、煎りやすさ等は申し分無いレベルですが・・さて一番大事なお味の方はいかがでしょう?・・乞うご期待ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レジ袋 NO! キャンペーン

10月1日から始まった「レジ袋NO!キャンペーン2006」に、しゃん珈琲も参加し一ヵ月が経ちました。このキャンペーンの内容は,10/1~12/31までの期間中、市内、参加協力店において、買い物でレジ袋を断るごとにスタンプ1個が捺印され、10個貯まると応募可能、抽選で各種景品が当たるというもの。一ヵ月を経て、各店でポイントを集めておられる方が結構多くおられる事に少しビックリです。しゃん珈琲では、キャンペーン以前から始めていた「エコ割」(容器持参で100gに付き20円割引サービス)と一緒に参加して下さる方も多く、本当に嬉しく思います。ちなみに、この石油から出来るレジ袋、日本では、乳幼児を除く国民一人当たり年間で300枚、計305億枚もの量が使われているらしい。1枚作るのに石油が18.3ミリリットル必要だそうで、305億枚では約55.8万キロリットル、これを200リットルのドラム缶に換算すると279万本にもなるそうです。ちょっと分かりずらいですね。しかし、・・レジ袋の使用枚数を減らしたくらいでは、ゴミ問題や石油の使いすぎの解決にはならないらしいです。じゃあ、止める?いやいや、この1枚のレジ袋を断る勇気!ここから生まれるものは大きいはずです。現在の環境問題のほとんどは私達の生活に起因しています。レジ袋1枚をもらわない事をきっかけに、これってエコ?やってみよう!って事がいっぱい出て来ると思います。皆さんも是非ご参加ください♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »