« てんとう虫の赤ちゃん | トップページ | 生豆にあずき »

2006.11.15

香り高いコーヒーって?

「香りの高いコーヒー豆をちょうだい」と言われます。さらに続けて、「挽いといて!」と言われると、これは難題です。コーヒーが一番香りを出すのは挽いた時なんです。更には、焙煎して4~5日目が豆本来の香りを最大に発揮しているので、その頃に挽くと最高の香りが出ます。更に細かい事ですが、ティピカやブルボンなどの在来品種で高地産のもの(適正に栽培・精製された良品)は良い香りの成分を多く含んでいます。そして更に言うと、収穫したてのニュークロップ(お米でいう新米)で保存・管理状態の良い豆は香味が劣化しておらず、良い香りを放ちます。と、色々と並べましたが、これらの事で香り高いコーヒーを楽しむ為の豆の買い方が解かります。①質の高い高地産の豆でニュークロップ。②豆のまま購入し、淹れる前に挽く。③焙煎したてのものを1週間~10日くらいで使いきれる量を購入する等です。豆本来の個性豊かな香り高いコーヒーを楽しむには、焙煎や抽出のテクニック以前に、豆との付き合い方(選び方や買い方や保存方法)が一番大切ですね。

|

« てんとう虫の赤ちゃん | トップページ | 生豆にあずき »

コーヒーのこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149372/12702704

この記事へのトラックバック一覧です: 香り高いコーヒーって?:

« てんとう虫の赤ちゃん | トップページ | 生豆にあずき »