« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007.01.31

さあ2月♪

G2007131 あっという間に2月、節分がやってきますね。夕方のニュースでは、石手寺で、豆まき用に大豆を煎ってました。3日で1400キロ煎るそうで、すごい量ですね~。節分といえば、「恵方巻き」なる巻き寿司、いたるところで売ってます。ただひたすら、無言で決まった方角に向かい、一本を食べ切る。するとなんと!良い一年になるらしい。今年の恵方はどっちでしょうか?そういえば、玄関に飾る「鬼ぐい」まだ用意してないじゃん。買いに行かんと!と、そんなん気にせず、いっつもマイペースで、気ままに寝ている実家の猫「チミ」。1月が終わった事など知らんニャー♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.30

苺ジャム

G2007130 苺の美味しい季節到来?写真の色鮮やかな苺ジャム。伊予市にある農家の方が作った「紅ほっぺ」を使った贅沢な苺ジャム、今日お客様に頂きました。パンにぬった時の色の綺麗なこと!味も、ほのかな酸味とすっきりとした甘味で美味しかったです。今年は苺狩りに行きたいな~・・。そうそう、松山三越で開催される「いちごフェアー」に高知のJOELさん出店されるそうですよ!2/17(土)からだそうです。いちごを使ったスウィーツ?シフォン?楽しみですね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.28

コーヒープレス

G2007128_2 コーヒーの味をダイレクトに味わえるコーヒープレス。澄んだ、キレの良いペーパードリップの味に比べ、液体は濁り、表面に油分が浮き、舌にザラツキますが、香り高く、コク深く、コーヒー豆本来の個性が際立つのがプレスで淹れたコーヒーです。しかし、どんなコーヒーでもそうではありません。質の低い豆や、焙煎や管理の違った豆などはその雑味の全てを拾います。すなわち、豆選び、焙煎の適否、商品管理(豆の新・古)全てが簡単にプレス一つで出てしまうんです。世の焙煎人には腕前を試される代物・・!逆に飲む立場の人には簡単でありがたい器具ですね!

このプレスでの抽出、しゃん珈琲でも実践していきます。器具も近日には棚に並べます。特に喫茶メニューのある店ではないので何の変わりも無いですが、「プレスで!」と言っていただいたらお答えしますね。何か楽しみ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.26

となり町戦争

G2007126 地元、愛媛で撮影された映画、「となり町戦争」もうすぐ始まりますね!今日は近所のスーパーでパネル展をしてたので見てきました。撮影風景がビデオで流れてたんですが、東温市の人は嬉しいでしょうね~、身近な映像がいっぱいですよ。写真は撮影で使われたセットだそうです。

となりまち戦争 http://www.webdokusho.com/shinkan/0502/t_5.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.25

華麗なるパンでした

G2007125 先日、スーパーで見つけた「華麗ぱん」。おもわず「プッ」っと吹き出しちゃいました。これが華麗なるお味?・・・やはり、横に愛人と妻、そして赤ワインなんかを回しながら頂くと本来の味がわかるのかもしれませんね~(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.24

しゃん珈琲、次は「レクレイオ農園」

G2007124_1 しゃん珈琲、今年のとっぱち、ルワンダのコーヒー「カレンゲラ」のお味はかなり好評いただき一安心・・。国内在庫のチェックをすると、微妙な減り具合・・。今日、追加注文しときました。さて、次なる第2段!ラジルいきます。「楽しくくつろげる場所」の意で名づけられた「レクレイオ農園」。1838年創業で今年の収穫が113回目の超名門農園。写真の右は農園主ジョアンキ爺さん。左は孫のジョゴ。この農園を支え続けたジョアンキ爺さん、去年落馬によって亡くなられたそうです。今後は孫のジョゴが爺さんの意志を引き継いでくれるでしょう。100年以上の収穫を続けられる恵まれた土壌を持つこの農園。「カップ・オブ・エクセレンス」や、「サンパウロ・ベスト・クオリティーコーヒー」の第1位に輝いた栄冠を持つ「レクレイオ農園」まあ、飲んでみてください。今月末には販売開始予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.23

ミニパイン

G2007123 沖縄土産のちっちゃなパインです。鑑賞用なので、待っても食べられません。ひと月くらいが鑑賞の目安だそうです。葉の付け根をカットして土に植えると根が出て、また花が咲くそうですよ。ほう!・・1年計画?シクラメンの次はパインの花を咲かせるだニャー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.22

ひょうげ豆

G2007121 お客様のお土産にいただいた「ひょうげ豆」。「ひょうげ」という名前の由来は、香川県香川町に伝わる奇祭「ひょうげ祭」に由来し「ひょうげる」という讃岐の方言は、「こっけいな」「おどけた」という意味があるそうです。写真の「ひょうげ豆」ほのかに生姜の風味・・ついつい手がのびちゃう美味しいお豆さんでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.20

羅臼天然昆布の佃煮

G2007120 手作りの昆布の佃煮をいただきました。市販のものは甘かったり、辛かったり・・いつもご自身で作られるそうです。カツオと椎茸のみで炊いたもので、余計な味は混ざっていません。天然昆布のやさしい風味がふわっと口に広がる上品な味でした。この昆布、あまり市場に出回らない「羅臼の天然の物」だそうです。昆布って産地、種類、獲った時期、キズや大きさ等で様々な等級に分かれているんですね。茶碗一杯分の佃煮を作るのには、けっこうな量の昆布を使うらしいです・・。それも真ん中の厚い部分のみ(外側の薄いところは、出汁用に行き着けの料理屋さんに持っていくそう)。う~ん、この昆布の佃煮、手作りだから出来るこだわりの一品ですね~。こころしていただきます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.19

人生の楽園

よくコーヒーを飲みに寄って頂いている豆腐屋の大将に聞いたんです。なんとテレビのロケがあったと!「人生の楽園」という番組、ご存知でしょうか?テレビ朝日系で、土曜日の夕方6時からの30分番組。第2の人生を見つけ、その夢に向かって努力し、現在、充実した「人生の楽園」を歩んでおられるご夫婦が主人公。今回取材を受けたのは、豆腐作りをお手伝いされている長門さん(奥様)とそのご主人。脱サラ後、井門町で酒粕をつかった漬物屋さんをされているそうです。直接お会いした事は無いのですが、全国放送に人気番組の主人公が松山のご夫婦となると、なんだか身近で嬉しいですね~。放送は明日20日(土曜日)ですよ!さあ、ビデオのセットしとこう♪

「人生の楽園 ホームページ」http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/

番組予告にご夫婦がでております。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.01.17

ルワンダ カレンゲラ

しゃん珈琲、2007年最初に登場するのはルワンダのコーヒー「カレンゲラ」。近日、発売開始しますのでお楽しみに♪今回は、ルワンダ大使館発行のパンフレットを参考に、ルワンダについて簡単に紹介します。

G20071162_1 2005年からはじまった「ゴリラネーミングセレモニー」の紹介。ルワンダでは昔から子供への命名をとても大事なこととして名付けの日には村中の人が集まり、歌い踊りのお祭りをしたそうです。それと同じく、その年に生まれた全てのゴリラの赤ちゃんに名前を付けて祝う儀式。世界各国の観光客やゲストと一緒にルヘンゲリの村人達と伝統的ダンスで歌い踊るセレモニーが6月に開催されます。 

G20071163_1

ルワンダでは4月7日はジェノサイド記念日(祝日)。1994年の春、美しい土地の穏やかな季節におこった残虐なできごとです。キガリの丘の中腹に立つ記念館には犠牲になった人々の写真があります。

※ルワンダの悲劇について(評論家 大場正明氏のサイト)
http://c-cross.cside2.com/html/bp0ri001.htm

G20071161_1

コーヒーの栽培は、政府の外貨獲得政策の為の輸出農作物として、植民地時代に各農家70本の木を育てることが義務づけられたことに始まります。いまでも大農場に雇われるのではなく、各農家がそれぞれの土地で育てています。完熟の実を手摘みし、地域のウォッシングステーションに持ち寄ります。完全洗浄した豆を一粒一粒手で選別してできるのが、ルワンダのコーヒーです。1990年には45トンのコーヒーを輸出していたのですが、内戦後、13トンにまで落ち込みました。しかし今、農家の人たちの頑張により蘇り、質の高さで世界的に注目されております。

今回入荷の「カレンゲラ」

あのスターバックスコーヒーではブラックエプロンを受賞しております。

「復活のルワンダ」です!

香り高いこのコーヒーの味を確かめてみてください♪

●国名   ルワンダ共和国

●大統領  ポール・カガメ(2003より)

●国土面積 26,338km2(四国の約1,5倍)

●標高   1000~4500mの間。

●平均気温 24.6~27.6℃(季節、地方による)

●人口   約900万人

●首都   キガリ

●言語   ルワンダ語、英語、フランス語

●通貨   ルワンダフラン

●産業   コーヒー、紅茶、セメント、飲料水、石けん、プラスチック製品、繊維・・・

●資源   スズ、コールタン、金、メタンガスなど

●GDP   20億ドル(農業46%、産業20%、サービス業34%) 一人当たり235ドル

●時差   日本より7時間遅れ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.11

必見なのに・・

只今、悲しいことに戦争状態のエチオピア・・・。

コーヒーの生産国としては有名で、アフリカ第一の生産量を誇ります。

反面、アフリカの中では5番目に貧しい国だそうです・・。

「エチオピア コーヒー生産国の悲劇」

2005年にイギリス制作のドキュメンタリーがNHK BS-1で放送されるそうです。

日時は1月16日(火)午後9時10分~10時。

う~ん・・・うちはBS映らないんだった~~~!!!

おねがーい!誰か、録画したの貸してくれませんかぁぁぁ?

詳細は NHKオンライン http://www.nhk.or.jp/bs/を見てみてください♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.01.10

ぷちギフト用バック 中サイズ♪

G20071103_1 前回のプチギフトバック(小)に続き、ちょっと大きめサイズのプチッギフトバックを入荷しました。このサイズのバックだと、コーヒー豆と他の小物を一緒に入れる事が出来ますよ!キャニスターとコーヒー豆なんかを一緒に入れても大丈夫なサイズですね♪

詳細はホームページにて 

「自家焙煎豆売 しゃん珈琲」

http://homepage3.nifty.com/shan-coffee/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.08

猪鍋

G200718 亥年のお正月、しし鍋をいただきました♪今年は右前足?のお肉だそうです。脂身は無く、身が締まってて美味しいー!妻の実家では猪鍋はお父さんの担当。朝から1日掛けて調理します。具沢山の醤油味、最高に贅沢なお味でした★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.04

お正月の「倉敷 珈琲館」

G2007141帰省し、初詣の帰りに寄った老舗コーヒー店。ここのコーヒーは3年振りです。倉敷 珈琲館の「マタリ・モカ」。ひと口含むと口中に心地良い苦味が広がります。店内は、お正月とあって超満席・・。名物の「ドライ・ブラック」を飲んでみたかったのですが、この忙しさの中でお願いするのは申し訳なく感じ止めときました。

G2007142

帰り際に、面白い物を見つけました。先っぽに、コーヒーシュガーがくっついたマドラーです。ウィンナーコーヒーに添えたら可愛らしいですね!

コーヒーでひと息着き、そのあと美術館で絵を見てゆっくり・・至福の一日でした♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.03

夢のなかで・・・

G200713 昨晩、お稲荷さん参道のキツネさんが夢に出て・・・

「さあ、あなたの思うがままに、豆をヤキナサイ」とおっしゃいます。

こりゃいかん。はよう愛媛へ帰ってお店へ行かんと。

4日は初釜セール!早朝からガンガン焼きますよ~!

皆様、ご来店お待ちしてま~す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.02

初詣

G200711 毎年、初詣には岡山の総社市にある最上稲荷へ車を走らせます。日本三大稲荷の一つで商売繁盛の神様がおられます。普通のルートを車で行くと、とてつもない大渋滞に巻き込まれてオオゴト・・・。じもティーの私は、そそくさと山道を車で走り、簡単に奥の院にたどり着く方法を選択するんですが、神様それでもOK?・・・「それで良いのです♪」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.01

2007年 元旦

G2007111 明けました★・・皆さま、オメデトウゴザイマス。

良いお正月をお迎えでしょうか?

ふぅ~ぅぅ・・、もう結構飲んで、飲んで・・

って方は「ウコンのちから」を頼りましょうね♪

さあ2007年!今年も楽しくいきましょう♪

本年もよろしくお願い申し上げます。

自家焙煎豆売 しゃん珈琲 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »