« BRUTUS3月号 | トップページ | 柑橘のプリンセス「はるか」 »

2007.03.04

幸せのちから

今日のお休みは、映画鑑賞。

「幸せのちから」

ウィル・スミスと彼の実子が主演。

どん底、極貧のホームレスを経て、

一流企業へ就職を勝ち取る彼。

最愛の子供の為に・・。

http://www.sonypictures.jp/movies/thepursuitofhappyness/

|

« BRUTUS3月号 | トップページ | 柑橘のプリンセス「はるか」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント


 幸せのちから・・・私も観ました。
全てを失ったあげく、眠る場所も無くトイレでペーパーをベッド代わりに・・・息子はすやすやと眠っているけれど、父の目には無念の涙が・・・。無念の一言では言い表せない涙でした。
あの場面では涙、涙でした。
いつもいつも、映画を観る度に泣いています。
映画っていいよね~~!
昨日は「蒼き狼」を観ました。
その前の夜は「フラダンス」。
明日は?
そんなそんな映画三昧の日々は送れませんよね。
でも、子育てを終えた今、映画を観ながら日々を過ごせたら
どんなに幸せか・・・と思います。
孫育てをしながら、時々映画に・・・それもいいよね!
そろそろ珈琲豆が少なくなりましたので、また送って下さいね。近い内に電話しますのでよろしく!

投稿: 夢ー | 2007.03.04 23:59

こういう映画を観る度、いろいろ考えさせられますね。深い愛情と信頼が主人公を支えている。これって当たり前だけど、とっても大切な事ですよね!
「赤ちゃんポスト」なんていう言葉がテレビから普通に聞こえてくる・・・。この言葉を聞く度に悲しくなり、ドイツとは違うー!って思ってしまいます。
こういう映画はたくさんの人に観てもらいたいですね。

投稿: しゃん | 2007.03.05 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149372/14134406

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せのちから:

« BRUTUS3月号 | トップページ | 柑橘のプリンセス「はるか」 »