« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007.11.29

有機無農薬栽培のカボチャ

G20071129jpg 富良野で栽培されたカボチャです。うちの奥さんは、カボチャの煮炊きはお手の物。いつもなら普通に炊いちゃうところ、こいつ、普通に煮炊きするとトロトロに溶けて無くなっちゃうのだとか・・ってんで、蒸しました。味付けも何も無し。パクッっと口に含むと・・・美味しい!何ともやさしい甘さです。これが富良野の大地で育ったカボチャの味?もちろん、有機無農薬栽培。有機肥料での栽培は、堆肥を作る手間、そして播く手間が化学肥料の何十倍もで掛かるそうです。更に、有機栽培で一番の要は、やはり、その土地の「土」や「天候」、「野菜本来の持つ力」だそうです。カボチャ本来の味がコレ?確かに美味しいと感じたのですが・・・。人の味覚って3歳~5際で決まると聞きます・・う~ん、私37歳、今からでもしっかり覚えとこ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.28

店先のゴールドクレスト

G20071128 店先にあるゴールドクレストの木。3年前の冬に、腰くらいの高さのを1500円位で買って来た物です。なんと今や、大人の背丈ほどに大きくなりましたよ!日々の出し入れが結構大変です。このシーズンは毎年の事ながら、飾り付け。ささやかながら、今年はカラフルな色あいのイルミネーションです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.26

のんびりお散歩

G200711261 お休みの日曜日、近所をのんびりとお散歩。歩く、歩く・・・。道端には、クリスマスケーキ用?いちご(たぶん、紅ほっぺ)のハウスが沢山あって、花がいっぱい咲いていました。1時間ちょいで、重信川の土手まで来ると、日頃歩いていない奥さん、既に足痛い・・・。散歩やジョギングの老若男女。野良犬たちがウロウロしたり、オジサン連中がラジコンヘリを飛ばしたり、土手は結構な遊び場ですね♪途中、公園で休憩しながらさらに歩く事1時間半。なんと、見奈良にあるクールスモールまで来てました!いったい何キロ歩いたたのでしょう・・・(汗)。

G200711262 ブランコに乗ったのは何年ぶり?

「フワッと浮くような感覚が懐かしい~♪」

帰りはさすがに電車に乗っちゃいました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.22

「ブリ子」いっぱいの鰰

G20071121 ハタハタの塩焼き、この魚が焼ける香りは、なんともたまりません!今が旬の魚、北海道産のハタハタ。子持ちを食べるのは初めてです。たっぷりの卵は「ブリ子」といい、生の時は綺麗な青色。焼くとオレンジ色に変わります。プチプチと口の中で弾ける食感がたまりません。

ハタハタは、カミナリが鳴り、海がしけ波が高い時に産卵の為浅瀬にやって来て獲れるようになるそうで、「波多波多」に由来して「ハタハタ」と呼ばれるようになったとか!?ちなみに漢字で書くと魚へんに神で「鰰」だそうです。「神鳴」と書いて「カミナリ」だそうですよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.20

パナマコーヒーの麻袋

G20071120一番上の行はご覧の通り、パナマのコーヒー。ではその次の「SHB」とは何ぞや?・・・コーヒーは作られる生産地の標高によって格付けされます。(国によっていろいろなのですが・・・)ここパナマでは、一番高い区分が、SHB(ストリクトリーハードビーン)です。今、標高何メートルの所でどんな作り方をしており、そのコーヒーの味は・・・と分かるスペシャルティーコーヒー全盛んの今では、もはや「SHB」の表示は注目されないかもしれませんね。そして、その下の丸いロゴの中にある「FINCA・HARTMANN」とは「ハートマン農園」の事です。「パロ・ヴェルデ農園」ではないの?と思われるでしょうが、ハートマン家の運営している農園内にある一部分を最下にあるロットナンバーで指定して「パロ・ヴェルデ農園」として日本に入荷しております。そして、このコーヒーの麻袋が一番伝えたい事は、中心にある絵柄なんです。鳥の絵、そして「シェードグロウンコーヒー」と下にある「バードフレンドリー」の二行。本来コーヒーの木は、熱帯、亜熱帯地方の木漏れ日のさす森の中で、さまざまな植物と一緒に育つものです。木々の日陰は土の乾きを防ぎ、落ち葉は有機物を含む豊な土地を作り,森林は激しい雨による土壌の流出を防ぎます。原生樹木の日陰の中で栽培されるコーヒーを、「シェードグロウンコーヒー」といいます。そして、このコーヒー栽培は、野鳥や渡り鳥の生息地の環境を保護にもつながります。スミソニアン渡り鳥センターは、この伝統的なシェードグロウンで生産されたコーヒーを、「バードフレンドリー」として認証しています。
パナマという国の、チリキ県カンデラ地区サンタクララで収穫されるコーヒーの麻袋・・何でもない袋なのですが、見る側次第では、様々なメッセージを読み取れる麻袋なんですね~。

G200711202

ちょっとオマケ。一昨日、とべ動物園にいた「オオオオハシ」。名前は何でしょうか?今度飼育員さんに聞いて、「おーい○○!」とよんでみよう♪。このカラフルな色のクチバシ・・いかにも中南米の鳥っぽい。ブラジルの国鳥だそうですよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.18

とべ動物園の「どんだけ」

G200711181 アンデスコンドルの「どんだけ」に会いにとべ動物園へ。以前(6/17)会った時には、まだウブ毛がフワフワの雛でしたが、5か月でこんなに立派になっておりました。「見た目はりっぱな大人ですね~♪」

このキョトンとした目の感じは「どんだけ~♪」の面影あり。首の回りが、立派な白い羽で覆われるのは、いつ頃なんでしょうね~、楽しみです。

G20076172

ちなみに5か月前の写真はこちらです。

部屋のホコリを集めたような体が可愛かったですね~。

G200711182 そうそう、今ここで話題のホワイトタイガーの雌「オメガ」。砥部の水にも慣れたようで、元気でした!この写真は、飼育員の方が近くから撮ってくれたもの。世界に250頭、日本には、25頭の数少ないこの白いトラ、普通に買うとりっぱな家が建つくらいのお値段だそうですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.15

マッコリ酒

G20071115 韓国のお酒、マッコリを初めていただきました。白濁してて、見た目はどぶろく。調子にのってグビグビやると後が怖いかな?なんて思いながら口にすると、ほぉ!サラリとした口当たり、甘酸っぱくて、何とも飲みやすいです!これは案外、量もいけそうですよ!?ちなみにアルコール度数は6%と抑え気味。米から出来たお酒は、何だか親しみやすいですね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.11.14

ニイタカナシ

G20071114jpg_2 愛媛は中山産の新高梨を頂きました。恥かしながら、私、この「新高梨」の文字・・スーパーで見かけるたびに「シンタカナシ・・・」と口ずさんでました。「えっ??本当に知らないの?」と奥さんビックリ!この梨、新潟の「天の川」と高知「今村秋」の2品種を掛けて出来たもので「新高梨(にいたかなし)」なんだとか・・・。それにしてもこのデッカイこと!計りに載せると1個で940グラムもある。見かけの大きさに負けず劣らず、味もしっかりと甘くて美味しい梨でした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.12

ねこ鍋

G20071112朝晩の冷え込みが一段と厳しくなってきました。皆様、風邪には十分に気を付けてくださいね!さあさあ、いよいよ鍋の美味しい季節到来ですね。うちの第一弾は何鍋でいこうか・・?

とりあえず、作治一家流の「ねこ鍋」。 やや父ちゃん、はりきり過ぎ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.06

誕生日のお食事に・・・

G20071141 先日、奥さんの誕生日のお祝いに久々に外食。奥さんセレクトのお店は、西条市にある「リストランテ クワトロスタジオーニhttp://www.q-stagioni.com/」さん。いろいろと評判を聞いていたお店だったので、期待大!前菜、パスタ、ハーフのピザ、おすすめの肉料理、おすすめの魚料理と頼みまくり♪新鮮な地元の食材、珍しい野菜、何種ものチーズを使ったピザや自家製手打ちパスタなど手を抜かないオーナーのこだわりを感じました。もちろん、何よりも素材の味を引き立てる繊細な味付けが最高でした。

美味しい料理と一緒に、誕生日という事で、奥さんは生ビールにワイン、美味しそうに飲んでました。奥さん曰く、「おすすめワインのセレクトも絶妙!」だとの事。ドライバー担当でお水の私、奥さんのスイッチが入る前に止めないと!居心地がいいお店でしたが、早めに帰宅しました!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »