« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007.12.30

新年に向けて、大掃除

G20071230 お店の大掃除に続き、今日は家の大掃除。簡単に、数時間で済ませましたが、これも一年の締めくくりの大事な行事の一つです。皆さん、やり残しは無いですか?

作治:「これをやっとかなぁ、新たなカレンダー、掛けれんのですよ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.29

ありがとうございました

G200712292007年、今日が、 12月の最終営業日。年末の忙しい中、たくさんのお客様にご来店頂きました。おかげさまで、コーヒー豆も夕方には、ほぼ完売。わざわざご来店頂いたにも関わらず、ご希望の豆が無かったお客様、本当に申し訳ありませんでした。

さて、2008年はもうすぐそこですね!しゃん珈琲、年始は、4日からの営業です。4(金)・5(土)は、毎年恒例の「初釜コーヒーフェア」。煎りたてホヤホヤの香り高いコーヒー豆をご用意しまして、皆様のご来店をお待ちしております♪

今年も、一年間、本当にありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願い致します。

では、皆様、良いお年をお迎えくださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.28

オトモダチ

G200712281_2

G200712282_2

G200712283

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.25

ミルの歯、掃除

G20071225 忙しいときこそ、ミルの歯のお手入れです。歯と歯の間にワイヤーブラシを入れ、ピカピカに!毎月やってる事ですが、この年の瀬は特に、ヤラネバ魂に火が付くんです。掃除をした後、ミルの「コーン」という軽快な回転音を聞くと、何故だか一日の疲れが吹っ飛び、気持ちがスッキリするんです・・・。明日もガンバロ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.24

作治、本物にあう

G20071223 「吉村作治の早大エジプト発掘40年展」のサイン会でのひとコマ。写真を撮ってもらい、その後、「先生、この子、作治っていうんです」とポケットから作治をポロリ・・吉村先生や、回りのスタッフの方、「ワッハッハ・・」と大爆笑。皆の注目を浴びた「あみ猫 作治」今日はキラリと輝いてました♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.12.20

水こそいのち

G20071220 この年末で3回目、待ちに待った「水こそいのち」が届いた。「こしひかり」で作っている非常に珍しいお酒です。米は東温市、井内の棚田米。今年の米の出来がお酒の味にどう影響しているか楽しみです。このお酒を作っているおいちゃん曰く、来年は「あきたこまち」になるかもしれん・・・。近年の温暖化で、「こしひかり」を作るには難しい環境になって来ているのでしょうね~・・。

さあ、今にも空けて飲みたい「水こそいのち」。休日前まで我慢します。毎年ですが、口当たりが良いのでつい飲み過ぎてしまうんです。翌日は違う意味で、水のありがたみを感じます。ねえ!二日酔いの時って水がこの世で一番美味しいと思った事ありません?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.18

ジャガバター

G200712181 ほうっ?ジャガイモって収穫の前に枯れ葉剤を播くんだそうです。えっ?・・と驚き、調べると、この枯れ葉剤は、245-Tという有機塩素系除草剤を主剤としているもので、ダイオキシンが含まれており、今は生産中止との事です。ただ、今でも普通に、残留基準地以下の除草剤は使われているそうです・・(怖)。写真のジャガイモは、富良野産、有機無農薬栽培の男爵。早速、蒸かし、バターをのせていただきました。ホクホクで美味しい♪本当は蒸かした後に、軽く火で炙り、皮を焦がすと一層美味しいそうですよ。皮ごとを安心していただけるジャガイモ・・今まであんまり意識してなかったです!そうそう、写真のビールもイケテマス。実はこれ、貴重かも!飲んだ人、いるかな~?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.16

ライン館のコーヒー

G20071216 2年ぶり(くらい?)に、ライン館重信店のコーヒーをいただきました。ここの店長さんとは顔なじみで、久し振りに楽しくお喋りしてきました。相変わらずです。良質の生豆を最高の技術で焙煎され、その豆は経験豊かなカウンターマンのサイフォン技術によって、まとまりある一杯に仕上げられております。たくさんの刺激をいただいた一杯のコーヒーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.14

しゃん珈琲の煤払い

G200712131 今年最後のセールが15日。毎年セール前は、シーンと静かなしゃん珈琲。さあ、ここぞとばかりに焙煎機の掃除です。前回の煙突掃除が8月末だったから、3カ月半ぶり。煤の付き具合も例年通りの量です。毎回、新たな掃除法を発見し、感動があるのですが、4度目になる今回は特に発見なし。

G200712132 ピッカピカ!の冷却機。

さあ、明日は気持ちよくザーっと豆を落としますよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.13

師走の必携アイテム

G20071213 師走は、酒飲みの季節。人生においての幸・不幸のごとく、酒飲みにおいて、楽しい時間と二日酔いの地獄は均等にやってくるもの・・・。ふふふ、あるんですよ~魔法のアイテムが。この時期にこそお伝えしたい物が、ジャ~ン「酒の用心棒」。飲む前に水や酒に溶かしてから、飲み会スタート。一度お試しあれ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.12

作治一家の1コマ。

G20071211 今、愛媛県立美術館で開催中の吉村作治の早大エジプト発掘40年展。エジプトでの考古学、発掘の歴史に何故だか興味のあるうちの奥さん。前売りチケットをゲットし今からワクワクです。狙いは、23(日)。吉村先生のトークショー&サイン会がある日です。名付けの由来でもあり、顔が吉村先生にやや似のあみ猫作治、初のご対面なるかな~?ドキドキです♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.12.11

竹熊先生の書画

G200712101 「水こそいのち」  熊本、菊池養生園の竹熊宜孝先生の書画を頂いていたので、ギャラリートレンドさんに額装をお願いし、お店に飾らせて頂きました。この竹熊先生、以前に、「食卓の向こう側」というコミック誌を紹介しましたが、その中にも登場されている方で、病院のお医者さん(百姓医者)です。この先生の考え方の基本は、「医は食に、食は農に、農は自然に学ぶ」というもの。

G200712102 「飢えてこそ米の一粒」

「品物の山と書いて癌」、「農薬は農毒薬、虫はころっと、人はじんわり殺される」・・・先生の語録ですが、考えると私達の身の回りの日常の事。自然の動物は土と水を命として生きています。医・食・農はいのちの視点でとらえないといけないと訴える竹熊先生

オフィシャルウェブサイトはこちらですhttp://www.takekuma.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.09

今日のお休みは・・

G2007129 今年のお休みも残りわずか、やっとかないけん事いろいろ・・・。という事で、美容室で今年最後のカット。その後、車検なので、日産プリンスへ。車を預け、代車に乗って帰るだけですが、何やらそーもいかない様子!ショールームにはGTーRがキラキラと銀色に輝いておりました。運転席に座らせてもらって夢見ごこち♪帰りに、お世話になってる友人へちょっとしたプレゼントにとケーキ屋さん、パティスリー心結(みゆう)さんへ。いろいろと焼き菓子を選び、可愛くラッピングしていただきました。いかんね~、美味しそうなケーキが並んでると、頼まずに帰れないのは何故?という事で、シュークリームと雪解けチーズケーキを自分用に購入。美味しかった~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.07

配達の帰りに・・・

G2007127市内へコーヒー豆の配達へ行った帰り道に、ちょっと寄り道。花園町(市駅前)の銀杏並木がイルミネーションで飾られているそうで・・・。パチパチと何枚か写真を撮り、特に何の感動も無く、その足で、山越にある「今昔や」へ、たこ焼きを買いに行きました。ここのたこ焼き、ボリュームたっぷり!そうそう、閉店後に大洲まで買いに走って、閉まってた事もあったっけ(泣)。近くにできて嬉しいよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.12.06

おから

G2007126 最近、頻繁に「おから」が食卓に上ります。「口の中でモサモサと食べにくいね~」と言えば翌日には、「おあげ」に包まれてて煮込んで出て来たりといろいろ。何でそんなに「おから」なん?聞くと、原因は、私のポッコリお腹。最近の、お腹回りのメタボ感は限界域!らしい。で、・・・「おから」登場。「おから」は、豆腐を作る際に出る絞りカスですが、「カス」といっても、栄養成分をたっぷりと含んだ食材だそうです。水分が多いため、タンパク質や食物繊維が多い割には低カロリーで、まさに「お通じ滞り時代」の理想食だそうですよ!ここ3年でキッチリ10キロ太った私、この「おから」効果でいくらか痩せることが出来るでしょう!?ビールに合う「おから料理」、美味しいの期待してる所ですが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »