« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008.06.30

笘居さんの蕎麦会

G20086301 昨日の日曜日は、2ヶ月に一回の笘居さんの蕎麦会。

初めて笘居さんのお蕎麦をいただいてから半年。毎回、この蕎麦会が待ち遠しくなっていますhappy02

いつも美味しいお蕎麦をありがとうございますsmile

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.28

トンボ

G2008628 ひとしの頭の上にトンボ。タケコプターみたいで何だか嬉しそうhappy01

そうそう、こないだの事、作治(父)の腕にはハエ。しかも、なかなか飛ばなかったなぁ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.27

「ひめゆり」

G2008627himeyuri_4 

この機会に是非観ておきたい映画。

長編ドキュメンタリー映画『ひめゆり』

7月13日(日)コムズ松山で上映会があります。

開場・開演12:00  挨拶~三線ライブ~13:00映画上映/15:30監督トークセッション

鑑賞券:1000円

お問い合わせ:愛媛ひめゆりの会 089ー925ー6789(渡邊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おすすめ豆の黒板

G20086262 おすすめ豆の黒板、まっ黒の新品に変えました。新品は、書いていて気持ち良い!アスクルにFAXしたのが昨日の夕方・・スゴイね~、早いね~。

この黒板では、煎りたてで新鮮な豆をご案内しておりますが、ここに書いてあるコーヒー豆は焙煎して2~3日目の物です。豆の状態で、1~2週間分の豆を購入頂くと理想的です!各豆の細かな焙煎日なども、お伝え出来ますので、気軽にお尋ねくださ~いhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.26

「水になった村」

G2008626 「水になった村」という映画のご紹介。

ジジババが山を去る・・・

ダム建設に沈んだ徳山村15年のドキュメンタリー映画です。

7月12日(土)コムズ大会議室(松山市駅より徒歩10分)

10:00~ 17:00~

主催:マネキネマ(089)973-9570

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.25

コーヒーの花、咲くかも!

G2008625お店の玄関にあるコーヒーの木、なんと、花の蕾っぽいのを発見。葉っぱの付根部分にちらほら付いてます。もし花が開くと・・2004年以来だから4年振りの開花。咲いて~!happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.22

人参・玉葱・じゃが芋とどく

G2008622 大手ビールメーカーの懸賞品をゲット~good届いた箱を開けると、「大地を守る会の野菜セット」とある。じゃが芋・玉葱は、長崎有機農業研究会のもの。人参は、千葉のさんぶ野菜ネットワークのものだそうです。

さっそく、人参の泥をタワシで擦り、皮は剥かずにかじる。うーん、噛むほどに甘いhappy01本来、人参ってこんなに甘いのね。

無農薬(低農薬)有機栽培だから、極力、全部食べたい!野菜の一番大切なところ(成長点)が一番体にも栄養が有るんだそうです!(←そんな事を書いてる本、しゃん珈琲の小さな木の棚に有るので見に来て!)

さて、箱の中にある3種の野菜、「カレー作りなさいsign01」みたいな品揃え。箱の淵には、なんと!よく冷えたビールbeerが2缶入っているのがニクイ演出です。7月・8月とあと2回届くそうで・・・次ぎは何?楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.21

ツバメの子、止まってる

G2008621 ふと窓のそとを見ると電線にツバメの子。こんな小さいのでも立派に飛ぶ!可愛いねーhappy01

昨日お店の小さな木の棚に、「生き物もごはんも田んぼのめぐみ」下敷きや、「虫見版」を展示しました。田んぼの生き物を、茶碗一杯の米で例えたらどれくらい?なんて面白い図表です。その下敷きによると、「茶碗1杯=3000~4000粒=稲株3株=おたまじゃくし35匹」。一枚の田んぼに、そうとう沢山のオタマジャクシが住んでるんですね。ちなみに、「ツバメ1羽=茶碗45000杯」だそうですよwobbly

田んぼって米作るだけの所では無いんですね~。知らない虫も結構いるもんです!う~ん、面白い、wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.18

お好み焼き・・・リベンジ!

G2008618jpg 今日は水曜日で「ゆうき生協」さんの配達日。色々届き、お店の棚にも少し増えましたnotes大豆から作ったコレステロールゼロのマヨネーズタイプドレッシングや徳島の半田そうめん等が並んでます。気になった方は是非見て行ってね!

そこで一つ、しゃん珈琲からのお願い。この棚に並んでいる調味料や、本に関してはレジ袋をご用意していません。何故なら・・・、ここに並んでいる商品をキッカケとして「食riceballと農と健康と環境budは繋がっている!」という事に気付いてほしい。という願いがあるからです。マイバッグのご持参、お願い致しまーすwink

さて・・・、今晩のメニューはお好み焼き。カレーや、お好み焼きといった単純なものは私の担当。今日のお好み焼きはちょっとコダワリ気味かも?一枚目は、イカ玉。二枚目は、納豆ネギ焼き。粉、キャベツ、ネギや、ソースまで「ゆうき生協」の物です。前回の失敗をふまえて・・・。

うん?味?・・・、やはり材料も大事、分量も大事、火加減も大事ってことでしょうか・・。奥さんからは、80点頂きましたscissors

改めて、いつもメインのおかずにお味噌汁、サラダと並ぶ奥さんの大変さを感じますねcoldsweats01男はアレをしながら、コレを作ってついでに洗い物も・・・なんて事は、出来ないデスsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.17

小さな棚からのメッセージ④

G2008617 少しずつお客様の目に留まり、「食」を通しての会話に花が咲いております。この棚、コーヒー屋に何故?と思われるかもしれませんが、コーヒーとは一切関係無いもので、勿論商売にしているものではありません。私達が本を読み、話を聞き、今大切なこと、伝えたいことを紹介している棚です。本以外の食品なども、私が口にしてお勧めできるものを並べ、話の種にしながら、ご紹介しているものです。

さてさて、最近読んだ本、山下惣一著「直売所だより」にあった言葉・・・

「食と農と健康と環境は一体のもので別々に守ろうとしても絶対に守れない」

「その地域、その国の風景はそこに住む人たちの食生活の反映である」

何を食べるかは、個人の自由です。でも、安心・安全と叫ばれる今日、我々の日々の食事は、農業、環境に密接に関わっているという事、身に感じて欲しいと思います。

高齢化が進む農村の棚田では、稲わらを軽トラまで10m運ぶのがキツくなり米作りを止めてしまう事もあるようです。反面、お茶碗一杯の米の価格を知り、感謝して食べている消費者はどれ程いるでしょう・・・。

先日、妻の実家を訪ねた際のこと。お義父さん曰く「田んぼに道を付けたんで見てみい!」なんと、70~80mあります!軽トラックが入る幅のコンクリート舗装の道が見事に出来てます。今までは一輪車で運んでいたそうです。何枚もある中の小さな一枚の田んぼ、この一枚の為に道を作る。まだやる気マンマンのお義父さんが頼もしく、輝いて見えました。

何百年もの間、米を作り続けてきた田んぼ・・・秋には金色に輝くあの当たり前の風景は残したい大切なものの一つですね!お米を食べましょうriceball

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.16

しののめミッションフェスティバル

G2008616 イベントのお知らせで~す♪

「SHINONOME  MISSION  FESTIVAL

  ~しののめミッションフェスティバル~」

日時:6/29(日) 11時~16時

場所:松山東雲学園クローバーホール(駐車場あり)

カフェコーナーにて、しゃん珈琲のネルドリップアイスコーヒーを使って頂きます。ありがとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花豆の花

G20086151

G20086152

G20086153

花豆の花です。小さなサヤも付いてます。

以前に頂いた北海道産の花豆を、少し播いてみたものです。

播く時期が適当でも花は、咲くんですね~♪

もちろん、サヤは大きくはなりそうもありませんが・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.15

父の日に愛媛の地酒

G2008615 父の日に、愛媛の地酒を送る。西予市宇和町卯之町の元見屋酒店「開明 自然派」。合鴨農法(無農薬・無肥料)で作られた酒米で作られたお酒。開明という名は、明治15年(1882年)に建てられた擬洋風のハイカラな校舎「開明学校」から、西日本最古のこの校舎は、国の重要文化財にも指定されているそうです。そうそう、この町の米博物館(旧宇和町小学校)の112メートルの廊下は「Z-1グランプリ」の舞台として有名ですね♪

お酒を送るときは!飲んだことの無いものは、味みないとね~。小さい小瓶では、こりゃ足らんなあ。うーん、乾杯♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.13

にんにく醤油

G2008613 我が食卓の強い見方!「ゆうき生協さん」に、今治産の有機にんにくが出回り始めました。にんにくの旬って、今頃なんですね、知らなかったなー・・。

旬のものはお値段もお手ごろ、量が結構あるので、空き瓶に、醤油に漬けて保存!醤油は三津の田中屋さんとこの純正濃口醤油を使ってみました。この漬かったにんにくは、お酒のおつまみや、炒め物には最高だそう!にんにく風味のお醤油も、料理に重宝しそうで楽しみですhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.12

佐藤弘さん講演会のお知らせ

G2008612

「食卓の向こう側」に見えるものと題した講演会のお知らせ。

西日本新聞社編集委員 佐藤弘さんが、愛媛に来られます。

「食卓の向こう側」という新聞連載で世間をあっと言わせ、その風は全国に吹きわたっております。この度は西条市での講演会。

食の現状、今何が大切なのか。

子どもや、孫たちの未来の為に・・・

お近くの方、このチャンスに!

今回は、日曜日のお昼です。「弁当の日」に関心をお持ちの親御さんや、先生方に是非とも聞いて頂きたいと思います。

〇日時 2008年7月6日(日)PM2:00~4:00

〇場所 西条市産業情報支援センター第一会議室(旧県西条地方局)  

〇参加料 600円(但し高校生以下は無料)

このブログを見て、当日参加希望の方は、しゃん珈琲までご連絡下さい。

しゃん珈琲 朝山  

TEL   089-975-1007 

MAIL  shan-coffee@nifty.com までお願いします。

       

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.11

小さな棚からのメッセージ③

G20086112 6/1付の読売新聞からの切り抜きを、カラーコピーして、棚で紹介しております。

春には鮮やかに、黄色に輝く菜の花畑。あの風景を残したい!無くなって欲しくないですね。でも、農水省は菜種栽培に関する助成金を今年度産までと決めたそうです。

菜種油は、日本人が消費する食用油の56%を占めているそうです。しかし、その食用菜種油の約90%はカナダ産。またカナダで栽培される菜種の84%は遺伝子組み換えだそうです。そして、食用油には、遺伝子組み換えの表示義務が無いという現実・・・。

国産菜種油の自給率は、なんと、0.03%だそうです。北海道、青森、鹿児島の一部で作り続けられたのは、その菜種油を必要としている人がいるのです。国産菜種油で揚げ物を作り続けてきたこだわりの職人さんは、一大事!自信を持って薦め、口にしていた私達消費者も一大事ですよ!

安田節子さんのホームページ「国産ナタネの灯を消すな!緊急要請」の賛同団体になってください!に詳細があります。愛媛県有機農業研究会や、有機農産生協も名を連ねております。私達の身近な問題でもあるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さな棚からのメッセージ②

G20086111_2 先日の、熊本の新茶(無農薬栽培の緑茶)に続き、少しですが、商品を並べてみました。みりん、めんつゆ、ソース、からし、海草サラダ、リンゴジュースなどです。それぞれ、良いお値段です。100%国産有機野菜を使って作られるソースって考えると、このお値段、決して高く無いと思いますよ。今こそ、普通に並んでる添加物・化学調味料たっぷりの調味料に疑問を感じて下さい。もちろん味で感じるのが一番!

これらの商品は全て、「ゆうき生協(愛媛有機農産生活協同組合)さん」で取り扱い商品です。是非、手に取って裏返し、原材料表示を見て下さい。シンプルです。今まで、安さで購入していた物には、一般に家庭の台所に無いカタカナがズラズラ・・・恐ろしいsad

食卓の向こう側には危険がいっぱい!?この先、明るい未来をつくるのも、消費者の正しい目eye正しい選択によるところは大きいです。小さな所からでも、考える場になれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.08

燕の子

G200868朝、洗濯物を干してたら、すぐ横の電線に燕の子。身近な鳥の中では、雀と燕が大好き。特に子供、可愛く見ているだけでニンマリ微笑んでしまいます。燕って、颯爽と飛ぶ姿が凛々しいですよね!

さて、『ウィキペディア(Wikipedia)』より・・・

昔昔、燕と雀は姉妹であった。あるとき親の死に目に際して、雀はなりふり構わず駆けつけたので間に合った。しかし燕は紅をさしたりして着飾っていたので親の死に目に間に合わなかった。以来、神様は親孝行の雀には五穀を食べて暮らせるようにしたが、燕には虫しか食べられないようにした。

ほほう・・燕さん、次ぎはなりふり構わず駆けつけなよ。あんたなら、口紅塗りながら飛べるって。でも、あんたは偉いよ!穀物には口を付けず、虫を食ってくれるんだもんね~。日本の米作りを影で支えてるよ!

これからもずっと、燕が元気に飛び回れる風景がありますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.05

チロ永眠。

G200865chiro1_2 今日のお昼、実家で飼っている愛犬チロが亡くなったとの知らせを受けました。

交通事故に遭った犬の家族、その中の生き残りの一匹を拾ってきたのが「チロ」との出会い。びっこを引いていた後ろ足も、気が付けば立派に克服してました!

小さい頃、自転車のカゴに乗せて遠くまで散歩に行ったこと、一緒に布団で寝たりしたこと、いろいと思い出します。

18年間、チロは立派に生きました。

ありがとうね チロ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さくよ咲く・・

G2008651

お店の玄関先には、次々と花が咲いております。

この花、スミマセン名前忘れちゃいました・・。

G2008652_2綺麗な花にはトゲがあるから気ーつけんさいよ!

バラ、いっぱい蕾を付けていて、楽しみです♪

G2008653シクラメンの鉢に、昨年のインパチェンスの種がいっぱい残っていたみたいです。この花を見ると暑い夏を思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.03

小さな棚からのメッセージ①

G2008634 以前、紹介した 「食卓の向こう側プラス」のチラシをいただきました。期間再延長、5月31(土)~7月13日(日)、盛況そうですね!

このアンテナショップ、只者では無いんです。そう、ここの注目コーナーは、国内FTAのコーナー!食卓の向こう側プラスと国内版FTAを締結した各地の産品・食材が現地に近い価格で並びます。

「F T A」・・F(ふるさとの)T(たべもの)A(あわせてみよう)

「こっちでは余っていても、こっちでは足りてない、だったら、補い合いましょうよ、国内で!」

今でこそ実感される方が多いとは思いますが、本当に大切なメッセージを発信しているアンテナショップです。

最近、しゃん珈琲に、「小さな棚」が出来ました。このアンテナショップをオープンするのは不可能ですが・・ならば小さな棚を作ろう。この棚から少しでも未来に繋がるメッセージを発信していければ・・との思いです。

G2008632棚に並んだ初の商品は、新茶です!

熊本「わたなべ百姓」さんの有機栽培の緑茶(3タイプ)。

お茶は、加工の工程で、水洗いの工程がありません。農薬や化学肥料を使わず、手間ひま掛けてつくられた茶葉なら安心していただけます。

次回の「小さな棚からのメッセージ」・・お楽しみに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.02

3キロ直火マシーン

G200862 うちの焙煎機は、直火(じかび)式といわれるもの。カラカラと回るドラムには、穴が空いています。焙煎中、直接に火(炎)が豆に当たるのです。一般にコーヒー豆は内から外まで均一に火が通るのが良いとされます。この焙煎機・・・、カツオのたたき焼くのに向いてるかもcryingなんて思ったりしますよ。その上、焼けていくと豆からは、チャフと呼ばれるカスが剥がれ落ちます。それが、バーナーの上に落ち、詰まったりし、もう大変。全体の火力は落ち、大きく時間が遅れ、思う味にはなりません。日々、格闘なんです・・・。

さて最近、教わったアルミテープでの目張りを実行。かなりチャフの吸い上げが好くなり、それに合わせた火力やダンパーの調整に奮闘中!です。うーん、これは結構考えさせられるかもthink・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホームローストはお手軽!

G200861 生豆を買って、ホームローストされる方が増えてきました。生豆を投入すると、焙煎、粉砕、抽出と全てオートでしてくれる機械を使ってらっしゃる方もおられます。でも面白いのは、銀杏煎りをガスコンロの上で降るタイプ。ちょっとしんどいですが、簡単に始められ、お勧めですよ。焙煎練習にと、私もこれをやってました。1回、100g~150gを入れて15~20分くらいの焙煎。焼けると15~20%重さが減るのですが、少量で煎れるのが良いですね。何品か焙煎し、それぞれを瓶に入れて保管し一週間くらいかけて飲みます。たまにはブレンドしてみると面白いです♪

網とコンロと軍手と時計と生豆・・・(ミルは勿論いりますが)。

「自家焙煎ってこんなに簡単なん?」って思うくらい簡単ですよ。

しゃん珈琲では、簡単なアドバイスや、生豆の販売もしておりますよhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »