« 糠床生活22日 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

2008.08.02

炭焼き見学

G2008821 近くの公園で炭焼きをしているという事で、閉店後、見学に行きました。

竹の炭焼き。木枠に囲まれ砂に埋もれたドラム缶窯が2基。長く延びた煙突からは、なんとも心地良い炭焼きの香り、白い煙がモクモクとのぼっております。「釜出口の排気温度が何度?」、「煙の色がやや透明になってきた?」なんてのを見てると本当に楽しそうhappy01煙突の根元近くに切り込みがあって、そこから竹酢液が黒いタールと一緒にポタポタと下のバケツに溜まってました。昼間は子供達の竹細工教室も行われたそうです。

G2008822

帰りに、空き缶で作った観賞用shineの炭を頂きました。缶の中にソバの実を敷き詰めて色々入れて作るそうで、これまた楽しそう!ソバの実の炭は、光の加減で青く見えるそうです。という事で、ガラスの容器に入れてみました。青く見えるかなぁeye

|

« 糠床生活22日 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本格的ですねぇ
うちは竹炭の材料はいくらでもあるんですが・・・

また近々お店に行きますね♪

投稿: ぽぽんた | 2008.08.04 22:27

ぽぽんたさんこんばんは。

「視界に入る野放しの竹林、無性に切りたくなる!」って・・、
炭焼きの会の会長さんのお言葉です。

またお待ちしてま~す♪

投稿: しゃん | 2008.08.05 00:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149372/42047804

この記事へのトラックバック一覧です: 炭焼き見学:

« 糠床生活22日 | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »