« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008.10.31

糠床生活3か月はん。

G20081031 今日10月31日は奥さんの三十数回目の誕生日。二人で乾杯するの前に・・・先ずは、いつも良く働いてくれる食卓の母「ぬか床さま」へ。いつもありがとうと、感謝の気持ち&これからもヨロシク!と願いながら・・・乾杯~♪

ビールで糠が美味しくなるんだそうですよhappy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.29

大野ヶ原の大根

G20081029 この季節、嬉しいいただき物、大野ヶ原の大根「くらま」です。早速、葉を油揚げと炒めていただきます。胡麻油の風味がご飯に合って大好きです。この大根、甘みが強く、サラダで食べると本当に美味しい。薄くスライスし、レモンを絞り、醤油を数滴、これ最高!

今年は、ぬか床にも入れ、菌ちゃんパワーも試してみますよ!もちろん皮付きで♪うーん、捨てるとこ無し。これぞ「一物全体食」ですね。

「一物全体食」には、生命(いのち)が存在するのだそうです。白米に水を与えても芽は出ませんが、玄米に水を与えると芽が出ますよね。

“一つの物は全体を食べるべし”いろいろ挑戦です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.28

竹下校長先生の講演会

竹下先生の講演会に行って来ました。

今、旬を知らないどころか、料理が出来ない、作ることを知らない人が増えている。

食材の売れ行きは変わらないのに、惣菜の売れ行きは増している。(ナゼ?)それでは自給率は上がらない。

料理の出来ない家庭科の先生がいる。

自分で作って食べようとする人を増やさねば。

親を変えなければ・・・。

・・・「弁当の日」を始めよう・・・

初めての「弁当の日」。親が作った弁当と知っていて、その子を褒める(子どもを絶対に否定しない)。

本当に一人で作った友達の弁当を見て、次は自分で作ろうと誓う。

一緒に買い物に行く→常に親子の会話が生まれる。

料理とは・・・「食材のいのちに作る人の命を和えること」。2時間かけて作った弁当は、2時間分の「いのち」が詰まっている。

弁当の日のエピソード・・・・・・・・・

初めは、親に手伝ってもらっていた子達も2回、3回と重ねるうちに、朝の教室では、弁当を片手にみんな、「全部・・・」「全部・・・」と自慢げに見せて回っている。そんな中、更に手の込んだ弁当を持ってくる子が居ると、次はもっと頑張るぞ!と意気込んでいる子たちが居る。

「夜、勉強しているのだから、朝はゆっくり寝ていなさい」と言う親の言葉を振り切って(3回目までは親が作っていた)、4回目にしてやっと自分で作った「焼肉弁当」。焦げ焦げの肉や茄子がご飯の上にパラぱらっと置かれている。親は「そんな弁当やめて・・・」と言ったが、子どもはそれを振り切って持って行った。

かと思えば・・・。

ある弁当の日。テーマは、「誰かに食べてもらいたい弁当」。その子は、ご飯もおかずも全部、冷凍食品で作ってきた。ナゼ?かと聞くと、「生まれてから、一度もお母さんの手作りご飯を食べた事が無いから、コレは【仕返し弁当】なんです」と答えた。なんと、悲しい事かと涙が出た。

まだまだ沢山のエピソードがありました。講演が終わって、改めて確信したのが「親子の会話」という事でした。子どもに聞かれれば、親は知らないことでも調べ、勉強して子どもに教えようとする。これが、「子どもを育てると言う事だ」という事でした。

「弁当の日」は親も子も育てる!とってもすばらしい取り組みです。もっともっと広まる事を願ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.26

笘居さんの蕎麦会

G20081026_3 二ヶ月に一度開催される笘居さんの蕎麦会。いつもお世話になっている方からお誘いをいただき、初めて参加したのが去年の10月だから、今回の参加でちょうど一年です。

今でもそう、扉を開けて席に着き、一枚目のお蕎麦が出てくるまでのドキドキ感は変わりません。笘居さんの蕎麦に対する真剣な思い、この部屋いっぱいに感じられます。しなやかで繊細な口当たり、蕎麦の風味を引き立てる絶妙なバランスの蕎麦つゆ。蕎麦の味わいは、奥深い!笘居さんの蕎麦はやっぱり美味しいhappy01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.10.25

弁当の日

G2008313 「弁当の日」という試みをご存知でしょうか?愛媛県の隣、香川県の竹下校長先生が始めた取り組み。全国へと広がっております。

「子供たちが自分の手で弁当riceballを作って食べる」この事には、単に作るだけではなく、いろんな想いが詰まってます。そんな竹下校長先生の講演があるので、行ってきます!どんな事を話されるのか今からワクワクnotes楽しみです。詳細は、また報告しますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.22

この野菜の葉、見たことある?

G200810221_2 この葉を見て何の野菜かわかります?

弱ったネギではないですよ。

昨日お店で、「見たこと無いよなー」って話をしてたんです。

そしたら翌日、これよ!って持ってきてくれました。

下の根っこの部分にご注目。

G200810222 これです!「生姜」。

中々見る機会無いですよね~。

今度、生姜畑を探してみましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生ごみリサイクル開始!

G200810212 いつもなら袋に閉じられ、ゴミに出される生ごみですが、今日から我が家の生ごみは、菌ちゃんに食べていただき、土に返っていただきます。早速、カボチャの皮、長芋の皮、キャベツの芯たちが、小さく刻まれ、いのちの循環ロードへと旅立ちます!

先日、吉田先生の講演で聞いたこと・・「菌ちゃんが食べる1センチ角の生ごみの大きさは、人間に例えると、10キロ先まで続く長いケーキを食べるようなもの」なのだとか。菌ちゃん、そりゃーたまらん、だから出来るだけ食べやすいよう小さく刻みます!カット、カット・・。

G200810211土やプランターや屋根になる波板などはホームセンターで購入済み。松山市に申し込んでいた生ゴミ処理機が、やっと届きましたよ!

処理容器とボカシ、EM菌のセットで1,250円。

さあ、美味しい生ごみのボカシ和えを作ります。菌ちゃん、待っとってよ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.21

焙煎機の掃除

G20081021 年末に備え、焙煎機のメンテナンスを行いました。チャフや煤を掃い、こびり付いたタールをこそげ落とします。煤を掃い、配管を組み上げたあと、丹念にアルミテープを巻き隙間を防ぐ、この瞬間が妙に好き。

電源を入れ、点火すると「カサ、カサ、カサ、・・・・」と煤が配管を通りサイクロンに落ちます。この音が心地よい♪達成感に酔いしれる瞬間なんですね~catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.19

瓶ヶ森で、ぷち弁当の日

G200810192_2

秋の瓶ヶ森林道をドライブ&ピクニック。今回のルート、西条市から登り、寒風山トンネルを抜けて直ぐに左折、くねくねと瓶ヶ森林道を目指します。お天気は最高sun紅葉maple真っ盛りとあって、車が多いこと、多いこと。

瓶ヶ森の山頂(1896m)でお弁当を広よう!ってのが今日一番の目的です。G200810194_2ハイヒールでも登れるくらいって聞いてたけれど・・・いやいや、日頃まともに歩いていない者には結構キツイsweat011時間くらいかけ必死で登りました。すれ違う時の「こんにちは~」のあいさつが、何とも気持ちいい!

山頂で広げたお弁当、玄米のおにぎり・玉子焼き、コンニャクの炊いたの・・・。コンニャクは前日奥さんに炊いてもらってたG200810198ので、朝おにぎりriceballを握って、玉子焼き焼きました。人の為にお弁当を作るってなんだかドキドキです。あら不思議、山頂で食べるとゴチソウです。今更ながら、学生の頃の母のお弁当、勤めていた頃の奥さんのお弁当・・・ありがたかったなぁ~。

熊笹がサラサラと揺れる最高の景色の中を歩きます。

G200810195とぉーっても気持ちがいい!

今の季節、気分転換に最高です!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.17

「自然のめぐみ 檸檬100」

G20081017 中島では、レモンを有機無農薬で栽培しているそうです。無農薬のレモンは珍しく貴重で、全国1000箇所くらいから注文があるとの事。地元で良いものを作ってくれているのは嬉しいこと、でも知らなかったなあ・・・。

写真の瓶は、その中島のレモンを1個ずつ手で絞って詰めたもの。

蓋を開けると、レモンの爽快なとぉーってもいい香り。これは、料理やドリンク、スイーツ等、いろいろと使えそうですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.16

お米のなみだ

G20081014_3 「お米のなみだ」というドラマが、全国放送されます。

10月19日(日)夕方4:45~5:58 NHK総合

食品はいろいろ値上げされる中、食の中でも一番大切な米はどうでしょう?米価の下落、余剰米、生産調整、農家の大型化・・・いつも耳にしてきた言葉。

お茶碗一杯のお米の値段を考えたことありますか?一生懸命にお米を作る農家さんは、儲けるために作っているのではなく、美味しいと言ってくれる人の為に作り続けていることを知って欲しい。

米作りを支える地域の小さな輪、仙台、鳴子での取り組みに今、全国が注目しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.15

マンデリン

  G20081015

マンデリンの豆、リントン産のものから、アチェ産のビル・セレクシに変わります。ブルーリントンに比べややコクが深い味わい。マンデリンふぁんの皆様、ヨロシク~♪

少しずつ寒さが増し冬に近づくと、やや濃いめのコーヒーが恋しくなりますね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.12

川内はお祭。

G20081012 今日、旧川内(かわうち)あたりはお祭です。集会所前では、お御輿と、獅子舞。お日さんの高い時間から、気兼ねなくお酒bottleを飲めるって嬉しいが、ちょっとヘロヘロ・・・。奥さんの実家の西の窓からは、すっかり秋景色。澄んでいると松前(まさき)沖の海まで見えるそうです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.05

生ごみリサイクル♪

G20081051さあ、我が家も野菜作りに挑戦しよう、土は無いけれど、ベランダにプランターで出来るって!

毎日出る生ゴミ・・可燃ゴミに出すとただのゴミ。だったら土に返し、菌ちゃんに食べてもらいましょう♪そこから生まれる野菜はりっぱな命budちょっとした命の循環を感じてみたい。小さな小さな輪だけれど、繋いでみようじゃないですか!

で、教科書となるのが、この本「大地といのちの会」編集の冊子(1冊500円)、写真付きで解説されており、本当に解かりやすくオススメですよ。

G20081052 そうそう、10/1付の松山市広報に、生ゴミ処理容器の購入費補助の記事がありました。フタ付きの生ゴミ容器を探していたところでした。これ、申し込んでみようbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »