« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009.02.28

玄咲(げんさく) 月寒本店

G20092281 事前に聞き調べ、行きたいラーメン屋さんが2軒。澄川の純蓮(じゅんれん)と月寒の玄咲(げんさく)。

第一候補の純蓮に行くつもりで意気揚々。地下鉄に乗り、札幌ドーム手前の福住駅下車。登るとすぐ側にコンビニがあったので、店員さんに「純蓮ってラーメン屋さんははどっち?」と訪ねるがポカン?と分からない様子「知りません」・・・。

薄覚えの甘い記憶がいかんのよねえ~catface。よくよく考えるとこの福住駅の側にあるのは玄咲(げんさく)でした。

G20092282 さっとココを済ま2店目へ!の気持ちで、普通の味噌と店オススメの龍周麺(スープの白いの)を注文。

やはり本場はレベル高い感じ!特に白いスープの龍周麺、麺とあっさりスープ、たっぷりの具の組み合わせが最高のバランスで美味しい♪

「当店の野菜は契約農家さんから無農薬、低農薬の野菜を使用しております。わかめは徳島産。動物性のラードは使わず、体に優しい植物性の油を使用しているので少しスープがぬるいですがご了承下さい。」と壁にはいろいろとココのこだわりがある。

ギョーザと生ビールも一緒に頂いたのだが、なにせ一人前のラーメンの量が多い。あわよくば2店目を!との勢いは直ぐに消えて無くなった。う~ん、満腹。

ここ「玄咲」では、お会計後に棒アイスを1本くれるのだが、これは特にいらん感じがするのだが?・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒー店を訪ねて・・・

G20092241札幌市内の繁華街では下調べをしていたコーヒー専門店のコーヒーを飲んだ。深煎りが中心だろうと予想していたのだが、うんっ?違う?どうなん?

これはあのお店をはやくあのお店を訪問しなければ!

今回、私には、必ず行くと心に決めたコーヒー屋さんがあって、ここはコーヒー豆の専門店。ここの豆は、札幌市内のカフェ・喫茶店は元より他県の某有名店も使っている評判のお店。

G200922415 さあ、地下鉄と市内電車を乗り継ぎ、 地図をみながら歩く歩く・・・。そう、その先にあるお店を目指して!

藻岩山の麓、ロープウェイ入口の近くをウロウロ。雪景色とこの町並みの雰囲気を楽しみながら♪

G20092242 結構すんなり?無事「斉藤珈琲」さんに到着。

ここは喫茶はしていない豆の専門店。豆をじっくりと見ながら選ぶことができるお店。

豆面を見て、まるでダブル焙煎したような綺麗な膨らみにビックリ、色は思っていたほど深くない。

声を掛けてくださった店員さんに事情を話すと、豆の焙煎をしている最中にもかかわらず、オーナーさんが出てきて下さり、お話を伺えた。豆の焙煎度合いに対するお話は、今後に生きてくる最高のアドバイスになり、自信となった!ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.27

旭山動物園

G20092271 日本一の寒さ(1902年1月25日に氷点下41度)の記録を持つ旭川市。当日の最低気温は、氷点下8度だから、かなり暖かい。でも、ソフトクリームを食べてると不思議。溶けないsign02

そこにある人気の旭山動物園。目玉は、冬にしかやってないペンギンpenguinのお散歩。ペンギンが海まで餌を捕りに行く習性を利用しての行動展示。当日は、朝11:00と昼2:30の2回見れたよ。写真は朝のお散歩。皆元気で嬉しそうに歩いてるhappy01

G20092272 この動物園の展示は、大変工夫されている。近くで、上から下からと、いろんな姿を見せてくれる。とにかく動物たちが生き生きとして、楽しくて、時間が足りない!違う季節にも行きたいなぁhappy02

←寝てるsleepy白くまの下では、別の白くまが、ガラス越しに餌を追いかけて飛び込んでたよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.26

さっぽろジンギスカン本店

G20092261_7

地元の方に聞いていた評判のお店。

一階の釣具屋さんとコンビニの間の狭い階段を登り、中に入ると席はカウンターのみ。その中にはお姉さんが3人、クールな声で「そちらに上着を掛けて詰めてお座り下~い」

飲み物を注文すると後は何も言わなくても前に炭、その上にジンギスカン鍋が置かれ、一皿の生ラム肉。

G20092262_2 店員さん、静かーな声で「お肉はレアがい~ですよ~」と言いながら出してくれるところが印象的!

お肉はまったく臭みがなく美味しい。ジンギスカンに渋っていた奥さんもあっさりと食べやすいのにビックリ。 肉を追加注文すると二皿目からは違う部位。骨付きなんかも入ってて楽しい。

なんと最後がビックリ。タレをジャスミンティーで割って飲むのだとか・・・。でもこれ、結構いけるかもhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.25

羽田発ANA57便

G20092251 お休みをいただき、コーヒー屋さん訪問を兼ねてプチ旅行。7:30に松山空港発、羽田で乗り換え千歳空港着が11:00過ぎの予定・・・。

羽田で大きく足止め。札幌の天候、荒れているそうで滑走路が機能していない。機内に乗り込んだり、降ろされたりしながら、4時間待った。

その上、千歳空港の上空は全国から飛んできた飛行機が滑走路待ちで待機。我が57便も40分ほど上空で旋回待機と機長のアナウンス。

「天候次第では羽田に引き返す条件付きフライト」と言われていたので、千歳に降りられるとのアナウンスにホッとひと息、でも怖い・・・coldsweats02

G20092252 何とか無事着陸。結局、千歳着が16:30。

滑走路近辺では大きな除雪車がたくさん。こんな小さな四駆の車まで右往左往!

←これ空港。

「ありがとう」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.21

お休みいただきます。

自家焙煎豆売 しゃん珈琲、23(月)、24(火)と臨時休業いたします。

以前から気になっていたコーヒー店を巡って来ます。

大変ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.08

かぶ、その後・・・

G200928お休みの朝はべランダでプランターを覗きます。なかなか育たない。でも、ちょっと凛々しい葉っぱが延びてきてて、これから楽しみですhappy01

「パラパラパラ・・・」何やらヘリコプターの音がします。今日は、愛媛マラソンの日、テレビを付けるともうすぐ近所を選手たちが走り抜けるようです。知人も参加しているので、急いで応援に行きました。

「ガンバレ~happy02

沿道にはたくさんの人。となりにいたおいちゃんがオモシロイ。「頑張れ~たぶん12番くらいやぞー」来るランナー皆に声掛けてました。でも、たぶんって・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.07

大地っ粉

G200927_3 「大地っ子」と名付けられたこの緑の粉末。みそ汁や野菜スープに加えたりといろいろ試してます。この粉、根もの野菜・葉もの野菜・おからが(1:1:1)の割合。野菜はなんと20種類以上入ってます。これは簡単に栄養が取れる粉末、注目かもよ~!?

この粉、野菜のヘタ(外葉、皮、芯、節、がく)などが全てすり潰されて入ってます。野菜の先端、芽が出るところは「生長点」といって新しい命が芽生える大事なところ。このヘタや皮には大事な栄養分がたっぷり詰まっています。もちろん野菜は無農薬で栽培されたもの(おからの大豆は違うそうです)だから、ヘタも生きてきますね。

パン・ケーキの生地・ご飯のふりかけに混ぜても良い!いろいろ試してみたいですね~♪

この粉末についての詳細はこちらhttp://daichimura.blog36.fc2.com/blog-entry-40.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.03

作治一家、節分

G200923 今日は節分、年の数ほどいただきましたよ。

食べてみて改めて思います。

けっこう食べる程ある・・・年とったなあcatface 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.01

岩崎政利さん講演会

「種をまもり、種をつたえる」今日は、岩崎さんの講演会。

種は多様性に守られている

スリムで綺麗な人参ばかりを選んで種を採っていたら、年々生命力が弱くなり、採れる種の量も減ってきた。見栄えの悪い太すぎる人参、細すぎる人参たちにもそれぞれに、役目があった。野菜たちの世界も人間の世界とまったく同じ。人参にも個性があって、人参や種の生命力はその多様性に守られている。

野菜が一番美しく輝くときって?

最初は収穫するときの野菜が一番美しいと思っていた。いろいろな野菜の種を守っていく中で、野菜が花を咲かせるときだと思うようになった。野菜たちの花に出会う中で、農業(農法)とは、より収量を増そうだとか、効率を上げようといった生産技術だけではないことを知った。岩崎さんの農園の役割とは、この花のように、美しいと感じること、感動することを農業の中で生み出していくことだと思っている。花の時期が終わり種ができる頃には、野菜の姿とは程遠く見た目にはとても醜い姿に変わってくる。最後には枯れ果てて、少しの風にも倒れそうになる中でも必死に次の世代の種を支えて守る。それはまさに野菜の大往生。20年近く守ってきた野菜、岩崎さんは、20年目にしてやっと、この瞬間が野菜の一番美しいときなのではと感じるようになった。枯れ果てた野菜が、「ここまで育ててくれて、ありがとう、あとはまた頼みますよ」と言っているように感じる。

講演で聞いたこと、ほんの一部ですが抜粋しました。伝統野菜や珍しいものなどの写真も見ながらの楽しいお話は2時間があっという間でした。

「種は誰のもの?」のお話は印象的でした。お父ちゃんが亡くなったら、お母ちゃんは急に野菜作り・種採りにうるさくなった・・・家族代々で作ってきた野菜、その種には頑なに守ってきたご先祖さまの想いが詰まっているんですねー。岩崎さん、「う~ん、これは非常に難しい問題・・・」と言われながらも、志しある人に受け継がれ守っていって欲しい。「種はみんなのもの」であって欲しいと言われてました。

今日の講演会、プロの生産者の方が多く聞きに来られており嬉しく思いました。一消費者にすぎない私ですが、すぐに実践できることあります。曲がってたり、小さかったり、大きすぎたりするやつ選んで買っていこう!個性的なの見かけるとニッコリ微笑んでカゴに入れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »