« 赤唐辛子 | トップページ | 観月祭 »

2009.08.28

「食卓の向こう側」第12部!

G2009827お店のカウンターに置き読んでもらってる本、今置いてるのは 「価格の向こう側」

西日本新聞社が連載している「食卓の向こう側」シリーズの第12部です。

今日スーパーで酢を買いました。かなり安い物から高いものまでいろいろ・・・。その中で選んだのは、国産の米が原材料の酢。安いものと比べると高く感じますが、特に調味料に言えることは、一日に使う量ってほんのチョット。金額にしたら僅かです。

皆さん、普段の買い物。価格の差に戸惑ったことって無いですか?

同じ品物でも安い物から高いものまで・・・。

日本人にとって主食のお米、5キロ2000円って高い?安い?コンビニのおにぎりは、1個100円以上・・・。

牛乳が水より安い価格の物があること。

一丁の豆腐が、何故あんなに価格が違うのでしょうか?

大手スーパーで競って作られるPB(プライベートブランド)商品、その安さの裏側って?

物に溢れた今。情報に踊らされてる気がします・・・。食事代より携帯代やお菓子代が多いなんて何だか変。そのツケが遠くない未来にやって来るとしたら・・・。

今、考えなくてはなら無い事・・・

「食べることは生きること」

「口にする物が我々の体(次世代)を作る」

このシリーズ参考に、本当の自給力、生活防衛力をつけたいですね。

是非、読んでみて下さい。

|

« 赤唐辛子 | トップページ | 観月祭 »

「食卓の向こう側」を考える」カテゴリの記事

コメント

なるほど、確かにそうですよね!!

投稿: 島っ子 | 2010.09.19 21:34

島っ子さま
気付いて無い振りをしているだけで、ホントその通りなんですよね
西日本新聞社の「食卓の向こう側」シリーズに出会って
いろいろ考えさせられました・・・。

全部は出来ないから、便利になりすぎた自分の生活を少しずつ
見つめなおして行けたら・・・と思ってます。

投稿: しゃん | 2010.09.19 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「食卓の向こう側」第12部!:

« 赤唐辛子 | トップページ | 観月祭 »